運動すると不眠にいいって本当?

よく寝れないと人に言うと、運動しないからだよ!ウォーキングやランニングしたら?とか言われるんですが、運動って実際問題、不眠に効くのだろうかと思います。

体が疲れると、自然に休みたくなる原理はわかります。

ですが、心は疲れないんですよね。

寝れない寝れないって夜焦ってしまうと余計に寝れなくなりますしね。

で、話をもとにもどすと、不眠症の原因は運動不足という可能性もあるらしいです。

アメリカの研究で実際に「SWAN sleep study」というものでデータとして残っています。

「SWAN sleep study」とは・・・
この研究は、アメリカ在住の中高年女性339人を対象に実施されました。まず、339人を身体活動量別(身体活動量とは、「運動」「日常生活における活動」「家事」「介護」の4つの活動量を指しています)に分けました。身体活動量が高い、真ん中、低い、という3つのグループに分け、それぞれの人たちの睡眠の状態を調べた結果、身体活動量が最も高いグループの不眠率は、最も低いグループの不眠率の4分の1、真ん中のグループは3分の2程度にとどまっていたことが明らかになりました。運動を多くしている人ほど、不眠を経験することが少ない。つまり、運動と睡眠は密接に関わっているということが、この研究から判明したのです。

いや~不眠には運動がかかわっていたというのは本当らしいですね。

これからは運動も取り入れた方がいいのかもしれませんね。

引きこもりの私は外にでるのは辛いので、家で腹筋とかやってみようかと思いました。

体が変われば心もかわりますかね。

ちなみに、夜運動するのはよくないらしいですね。

激しい運動をしてしまうと、アドレナリンが分泌されて、せっかく寝ようと思って運動をはじめたのに、目がさえてしまうということが起こるからです。

なので、運動するのは昼をおすすめします。

これで寝れるんだったら運動しますね。

身体を疲れさせて、寝る時におやすみ~っていってすぐ寝れるのが理想ですよね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村


睡眠障害ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする