自殺について考えてみた

また夜中からこんばんわ。

この時間帯は余計なこと考えますね~。

今日は最近襲ってくる、死にたい病について考えてみようと思います。

そもそもなんで死にたいと思うのかがわからないんですよね。

人生に絶望しているのは事実なんですが、なぜ死にたい感情が芽生えてくるのでしょうか。
病院の先生に聞いたところ、普通の人はそこまで考えないからねって言われたことがあります。

まぁうつ病という病名がついているぐらいですから、普通ではないのかとは思うのですが。

死にたい病はなぜ発動されるのか・・・。

死にたいという思いとともに生きたいという思いもあるとかないとか聞いたことがあります。

私は、母親や親友を亡くしているので、簡単に死んではいけないというのは解っているのですが、突然死にたいと思うことがあるんですよね。

昨日も死にたいと思って、なんとか思考を切り替えることができたのですが、これが思考の切り替えができない場合は、最悪死んでたかもしれないということになりますよね。

うーん、恐ろしい病気ですね。

不眠からくるうつ病みたいなのですが、不眠が治ったら、この死にたいという気持ちはなくなってくれるのでしょうかね。

何はともあれ、自ら命を絶つということは絶対にしてはいけないことです。

何が大変かっていうと、残された人が大変ですよね。

私も一応残された人間なので・・・。

なんで死んじゃったんだよ!ってなりますしね。

あの時の絶望感といったら言葉ではあらわせられない感じです。

なので、私は結局は死にたいと思っても死ねないんだと思います。 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村


睡眠障害ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする